イベント・セミナー

6月13日~15日開催「Interop Tokyo 2018」に出展いたします

弊社は、来る6月13日(水)~15(金)に開催される「Interop Tokyo 2018」に出展いたします。

イベント概要

イベント名   Interop Tokyo 2018
主催 Interop Tokyo 実行委員会
一般財団法人インターネット協会
株式会社 ナノオプト・メディア
日時 2018年6月13日(水)~15日(金)
展示会
13日:10:30~18:00、14日:10:00~18:00、15日:10:00~17:00
講演
13日:9:20~、14日:9:35~、15日:9:35~
場所 幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1
参加費 展示会入場:3,000円(税込) ※事前登録者、招待券持参者は無料
詳細 詳細はこちらから

弊社セッションのご案内

講演日時 2018年6月15日(金) 12:00~12:40 EE-16 【セキュリティ】
講演概要
セキュリティ脅威から重要システムを守るために見直すべき3つの落とし穴

エンカレッジ・テクノロジ株式会社
取締役 事業推進部長 日置 喜晴
標的型攻撃・ランサムウェアなどのサイバー攻撃や内部不正など、セキュリティ脅威は益々多様化しています。脅威に対応するために対策の見直しが必要な中、弊社はこれまで、金融・情報通信・公共など多くのお客様に対する課題解決のご支援を行ってまいりました。
本セッションでは、その中で比較的共通して挙げられるID/アクセス管理に関する3つの落とし穴について、そのリスクや対策のポイントなどを解説いたします。 大手企業はもちろん、今まで体制面やコスト面で対策を講じることが難しかった中小・中堅企業の方でも対応可能なポイントやソリューションについてもご紹介します。

展示会場内セミナーのタイムテーブル確認・お申し込みはこちらからご確認いただけます。

名だたる企業で採用されたリスク対策ソリューション!多数ご採用事例ご紹介いたします!

こちらのマークが目印!

システム管理者・外部委託先ベンダーによる内部不正や、外部からの標的型攻撃など、ITの活用度が上がるにしたがってセキュリティリスクも益々巧妙さを増しています。

このような内外のセキュリティリスクに対し、弊社ではシステム規模やお客様の要件に合わせた課題解決のためのご提案を行っています。
8年連続市場シェアNo.1を誇る証跡管理ツール「ESS REC」やシステム規模に応じた特権ID管理ソリューションなど展示しています。

新製品 ローカル管理者アカウントのパスワード管理製品「ESS AdminControl for Client」もデモ展示をしておりますので、是非お立ち寄りください!

ブースにてお名刺交換いただいた方には抽選でスペシャル特典をプレゼントします!

お申し込み

お申し込みはこちらから