ニュース

電算とエンカレッジ・テクノロジ、システム管理者の不正防止ソリューションで協業

2015年5月13日
株式会社電算
エンカレッジ・テクノロジ株式会社

電算とエンカレッジ・テクノロジ、システム管理者の不正防止ソリューションで協業
マイナンバーの安全対策などセキュリティサービスを提供
~電算のデータセンターサービスにおける安全性向上と顧客向け内部不正対策サービスを提供開始~

株式会社電算(本社:長野県長野市、代表取締役社長:轟一太、以下 電算)とエンカレッジ・テクノロジ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 石井 進也、以下 エンカレッジ・テクノロジ)は、セキュリティ事業で協業します。電算のデータセンターおよびクラウドサービスで、エンカレッジ・テクノロジの特権ID管理ソフトウェアを利用した内部不正対策を強化するとともに、顧客向けセキュリティサービスの提供を開始し、施行が迫る番号制度(マイナンバー制度)に係るITシステムの安全対策を推進してまいります。

すべての事業者および公共団体は、平成27年10月以降、国民一人ひとりに割り当てられる個人番号の厳格なルールに基づく取り扱いが義務付けられます。特に情報漏洩や目的外使用がないよう、アクセス制御や漏えい対策など委託先を含む安全対策措置が重要視されています。
電算は、エンカレッジ・テクノロジとの協業により、以下の取り組みを実施することで、マイナンバーをはじめとする重要なシステムに対する安全強化の実現に取り組みます。
 

電算のデータセンター、クラウドサービスの安全対策を強化

電算は、クラウドサービスやハウジングなどのデータセンターサービスおよびお客様のシステムの監視や運用代行サービスを提供しています。
前述のとおり、高まる委託先の管理強化ニーズに対応するため、平成27年3月にエンカレッジ・テクノロジの特権ID管理ソフトウェア「ESS AdminControl」および「ESS REC」を導入しました。これにより、サービスの運用者によりお客様システムに対してアクセスが必要である業務を対象に、事前の申請と承認ベースでのアクセスの徹底、アクセス内容の網羅的な記録と定期的な点検、違反操作に対する即時的アラームの仕組みと対応フローの整備など、顧客システムに対するアクセス制御とアクセス内容の監視・記録・監査といった対策強化を進めてまいります。
このような安全対策は、マイナンバー制度における委託先の監督義務として盛り込まれているため、お客様は、自社のマイナンバーシステムの運用先として、電算のサービスを安心してご利用いただけます。

 

顧客向けサービスとして不正防止対策提供、マイナンバーの安全対策を実現

また電算は、エンカレッジ・テクノロジとサービスライセンス契約を締結し、エンカレッジ・テクノロジのソフトウェア「ESS AdminGate」を活用した内部者の不正防止サービスの提供を7月より開始します。

本サービスは、以下の機能を提供することで、マイナンバーをはじめ、重要システムへの内部者の不正アクセスを防止し、情報漏えいを防止します。

 

 

201505121515_1-500x0.png
図. 電算がサービス提供を開始するESS AdminGateの管理用Web画面イメージ

 

●パスワードを開示しない安全なアクセス
ESS AdminGateは、対象サーバーへのアクセスの際、認証ゲートウェイとして機能することで、作業者個人を識別し、許可されたアクセス先のみ接続を許可します。また、対象サーバーへの接続は認証ゲートウェイが代行して行うので、作業者に対してパスワードが開示されません。

●動画とテキストでアクセス内容を詳細に記録
Windowsサーバー上のデスクトップの画面遷移を動画形式で記録します。また、Linuxサーバーに対する操作は、コマンドラインの入出力情報をすべてテキスト形式で記録します。操作を記録することで、不正操作に対する高い抑止効果が期待できるだけでなく、不正操作の発生を早期に発見し、問題の拡大を水際で防ぐ対応も可能となります。

●ファイルの持ち込み・持ち出しを制限し情報漏えいを防止
管理対象サーバーへのファイルの持ち込みやサーバーからのファイルの持ち出しには、管理者の承認が必要となり、許可のない持ち出しによる情報漏えいを防止します。

尚、本サービスは、2015年5月13日~15日の期間 東京ビッグサイトで開催されるクラウドコンピューティングEXPOの電算ブースにおいて参考出展しています。

株式会社 電算について(平成27年5月13日現在)

   
(1) 名称 株式会社電算(東証1部:3640)
(2) 代表者の
  役職・氏名
代表取締役社長 轟一太
(3) 本社 長野県長野市鶴賀七瀬中町276-6
(4) URL http://www.ndensan.co.jp/
(5) 事業内容 信越地域を中心に、地方公共団体、地銀系リース会社、医療・福祉関連施設、流通業などに向けたソフトウェアを開発・販売。また長野市に自社データセンターを所有し、首都圏から1時間半という立地条件を活かしたバックアップサービスを始め、クラウドを基盤とした仮想サーバサービス、ファイル共有サービスなどの各種サービスを全国に展開している。
(6) 資本金 13億9,548万円 (平成27年3月末)
(7) 設立年月日 昭和41年3月29日

エンカレッジ・テクノロジ株式会社について(平成27年5月13日現在)

(1) 名称 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(東証マザーズ:3682)
(2) 代表者の
  役職・氏名
代表取締役社長兼CEO 石井進也
(3) 本社 東京都中央区日本橋浜町3-3-2 トルナーレ日本橋浜町7F
(4) URL http://www.et-x.jp/
(5) 事業内容 金融、通信、公共などの社会インフラを担うITシステムの運用と統制強化を支援するソフトウェアを開発・販売。5年連続市場シェア1位※1を獲得するESS RECを含め累計での採用企業数は400社を超える。(平成27年3月末現在)今回電算にてサービス提供されるESS AdminGateは、同社ソフトウェアをクラウド対応版として2014年12月に発表した最新版ソフトウェア。
※1 出典: 情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2010、同2011、2012、2013、2014 【内部漏えい防止ソリューション編】株式会社ミック経済研究所
(6) 資本金 4億9,988万円 (平成27年3月末)
(7) 設立年月日 平成14年11月1日

本件に関するお問い合わせ先

サービス内容に関するお問い合わせ窓口
株式会社電算           エンカレッジ・テクノロジ株式会社
企画管理部              ソリューション営業部
担当 神津              プロダクト営業グループ
TEL:026-234-0155(6231)    TEL:03-5623-2622
FAX:026-234-2238                   FAX:03-3660-5822
E-mail:dsdc@ndensan.co.jp       お問い合わせフォーム

サービス内容に関するお問い合わせ窓口
株式会社電算           エンカレッジ・テクノロジ株式会社
企画管理部              マーケティング部
担当 神津              担当 日置
TEL:026-234-0155(6231)    TEL:03-5623-2622
FAX:026-234-2238                   FAX:03-3660-5822
E-mail:dsdc@ndensan.co.jp       E-mail:etx-mktg@et-x.jp

※文中の製品名及び会社名は、商標または商標登録です。