Textlog To Event

Windows環境のあらゆるテキストログの監視と通知のためのユーティリティ

Windows環境で動作する各種アプリケーションが出力するテキストログをリアルタイムに監視し、イベント通知する機能をご提供します。アプリケーションの動作状況を記録するテキストログを詳細に分析することで、確実な状況把握手段となります。通知されたイベントにより、障害の防止や復旧時間の短縮にお役立ていただけます。また、弊社の統合運用プロセス管理製品Encourage Super Station (ESS)と併用することで、大規模システムにも対応した統合監視環境をご提供します。

テキストログ監視に特化

Textlog To Event (T2E)はテキストログの監視に特化し、多くの通知手段を用意することで、テキストログの監視を必要とする方にとって必要十分な機能をご提供しています。

なぜテキストログ監視に特化した(できた)のか?

弊社では、既に運用プロセス管理ソフトウェアESSの機能のひとつとして、UNIX/LinuxやWindowsの監視プロセスをご提供しています。
このプロセスは、監視対象にエージェントをインストールすることなく(エージェントレス)、システム状況を監視する機能ですが、ベースとなるプロトコルの問題でWindowsのテキストログを監視する機能はありませんでした。
幸い、イベントログはESSリモートコレクタのエージェントレス監視機能で監視できることから、テキストログの監視をした結果をイベントログに記録することで、(間接的に)テキストログを監視することができる、という結論に至り、T2Eを開発しました。

アプリケーションのテキストログをリアルタイム監視

Windowsアプリケーションが出力する複数のテキストログを指定秒間隔で監視します。WindowsでWebサーバを構築されている場合など、ApacheやTomcatなどのテキストログを監視することにより、内部エラーをいち早く検知できます。

あらゆるWindowsアプリケーションに対応

パターンマッチングにより、あらゆるテキストログを監視できます。ログの書き込み単位を認識する区切り文字パターンを登録することにより、パターンマッチしたログの書き込み単位を「イベント」として通知します。また、テキストログ単位に複数のパターンを設定することができ、パターンごとに通知レベルを設定できます。

T2Eには、フル機能のT2Eと、機能制限版のT2E Liteがあります。
T2Eは[T2E]と、T2E Liteは[Lite]で表示します。

テキストログ監視

テキストログ監視機能 [T2E][Lite]

指定されたログファイルの増分を抽出し、差分内容から検索文字列を含むログ情報を設定レベルのイベントとして検出します。

  • テキストログのローテートに対応
  • ローテート後でも一世代前ファイルの残り部分を抽出
  • 正規表現を用いたパターンマッチング
  • 秒単位の監視間隔
  • ログファイルサイズの監視
  • Windowsサービスで稼動

アクション

イベントログ出力機能 [T2E][Lite]

  • 監視パターンが検出された時、イベントログへ記録可能
  • 指定されたイベントログ(アプリケーション、システム)へ、指定されたソース名でイベントを出力
  • イベントの種類(情報、警告、エラー)も指定可能
  • 出力されたイベントログはESSからリモートで一元監視可能

コマンド実行機能 [T2E]

  • 監視パターンが検出された時、任意のコマンドを実行可能
  • コマンド実行前に環境変数をセット可能
  • CPU優先度を編集可能
  • 逐次実行と即時実行を選択可能

メール送信機能 [T2E]

  • 監視パターンが検出された時、任意の宛先にメールを送信可能
  • To, Cc, Bccの指定が可能
  • Fromも自由に設定可能
  • サブジェクト、メッセージフォーマットも自由に設定可能
  • 任意の1ファイルを添付可能

ポップアップ送信機能 [T2E]

  • 監視パターンが検出された時、任意のWindowsにポップアップをWindowsメッセンジャー機能を使用して送信可能
  • 送信先のポップアップは10個までスタック

ESSTrap送信機能 [T2E][Lite]

  • 監視パターンが検出された時、ESSにイベントトラップを送信可能
  • エレメント名はアプリケーション名に固定
  • ノード名は実行ホスト(変更可能)
  • ツールタイプは「ess.t2e」(変更可能)

導入効果

クライアントプログラムの問題解決は、非常に手間のかかる課題です。コールセンターのコミュニケータは、アプリケーションが出力する様々なログに精通しなければならず、状況のヒアリングの間は、お客様の満足度が下がり続けることもあります。
T2Eはクライアントプログラムが出力する複数のログファイルを監視することができ、ログファイルの必要な部分をE-メールで送信することができます。コミュニケータは正確なログを確認することで、エンドユーザに的確な支援を提供することが可能となります。
また、メールの内容を自動解析できるCRMソフトウェアなどと連動することで、解決方法を自動的にコミュニケータに提示することも可能です。

T2E活用例 クライアントプログラムの異常検知に

サーバアプリケーションはクラスタリングされていることが多く、どれかがダウンしてもサービスの提供を継続することが可能です。
多くの場合、サーバアプリケーションの開発者はシステムの監視はしていないため、エラーの発生やケアが必要な事象を見逃してしまいがちです。
T2Eはログファイルを監視し、アクションが必要なログが記録された時、リアルタイムで、開発エンジニアが使用しているWindows PCにポップアップを表示させることが可能です。開発エンジニアはそのポップアップ内容に即応することで、サーバに適切な対応をとることができます。
ポップアップはWindows標準の機能を使用しますので、開発者のPCに特別なソフトウェアは必要ありません。

T2E活用例 サーバーアプリケーションの異常検知に

稼働環境

サポートOS Microsoft Windows 2000 Professional
Microsoft Windows XP Professional
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 2000 Server
Microsoft Windows Server 2003/2003 R2
Microsoft Windows Server 2008
Microsoft Windows Server 2008 R2
必要ディスク容量 50MB以上の空き容量
  • CPU、メモリ容量については、各オペレーションシステムの稼働要件に従ってください。
  • 各OS日本語版のみ対応
  • 実運用環境においては導入規模、動作するアプリケーションの負荷、データ保管期間などによってサイジング、要求スペックが変わります。具体的なサイジングについては、弊社までご相談ください。
お問い合わせ
24時間受付中

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-3-2トルナーレ日本橋浜町7F

TEL:03-5623-2622 平日9時~17時