トップ対談

Q1.今後必要な人材についてお教えください。

石井社長「素直な人材」

話をしていて、心が透き通っている人材です。
視野を広く持ち、物事を決めつけずに考えられるかどうか―「素直に考えられるか」ということは、新しい価値を追求する当社には、非常に重要なことです。 私どもは「絶対に世の中の役に立つ」という信念を持ち、既存概念を捨てて出来ることは全て取り組みました。創業当初から、「共に働きたい」と思う人材に変わりはありません。

丸山専務「周囲を巻き込む人材」

昨年12月に株式上場しましたが、当社は創業12年とまだまだ歴史は浅く規模も小さいです。 私たちの役割は、他社に先駆けて顧客の課題を解決することです。既にあるものを作ることではなく、全く新しい発想で新しい仕組みを作ることが重要です。
当社に必要な人材は、「一人では持てない重い石を、周りを集めて持てる人材」です。 高い目標を達成するには、個人の力では限界があります。志を持ち、周囲を巻き込みながら目標を達成できる人材を求めています。

Q2.活躍できる人材についてお教えください。

石井社長「リーダーシップと当事者意識」

当社では、自分で企画・計画を立てて実施することが求められます。目標に向かって企画や戦略を立て、年齢や部門に関わらず協議できる人材はリーダーシップを持っています。
当事者意識を持ち、目標達成に貪欲であることも、当社で活躍できる人材に必要なことですね。目標を周囲に表明し、「有言実行」することもその一つです、

丸山専務「自ら手を挙げ、仕事を取りに行くこと」

私が仕事で活躍したのは、新人の頃からではありませんでした。チームや組織の課題に対して、「私がやります」と率先して取り組むようになってから、活躍できるようになりました。 指示内容をこなすだけでなく、自ら仕事を取りに行く姿勢であることは、当社での活躍には欠かせません。

Q3.学生の皆様にメッセージをお願いします。

石井社長「仕事で感動体験をして欲しい」

「お客様の視点で新たな価値を創造し、満足頂けるサービスと製品を提供します」―当社の経営理念の一つです。 既存の仕組みは、いずれ廃れるものです―たとえば、ATMが銀行の窓口にとってかわったように。常に新しい価値を創造し、提供することにより世の中に貢献するのが当社のミッションです。 当社はBtoB企業ですが、ITサービスを利用する方たちへの貢献に繋がっています。当社の製品により、ITサービスの信頼性・安全性が増せば、更に利用者は増えるでしょう。 仕事は辛く苦しい場面もありますが、だからこそ仕事を達成した時の感動は非常に大きなものです。当社での仕事を通じ、社員全員に「仕事を通じた感動体験」をして欲しいと考えています。

丸山専務「パッケージソフトウェアベンダー×ベンチャーだからこその楽しさ」

当社を代表する製品である「ESS REC」は、多くのお客様にご評価いただいています。 実際に当社の製品を使用されている方、皆様とお会いできるわけではありません。 ただ、当社の製品の導入実績やお客様からのご評価から、当社の製品がお客様に貢献している、社会に新しい流れを作っていることを実感します。 実績やノウハウが蓄積され、新しいアイディアと相乗して、また新しい価値を生み出せる―パッケージソフトウェアベンダーとして、自社製品を持っているからこそ出来ることです。新しい価値を生み出すことは、いつだって楽しいものです。 また、当社はベンチャー企業として新しいことに挑戦し、市場や社会の新陳代謝を良くする使命感を持っています。ディフェンダーではなく、チャレンジャーである企業です。 パッケージソフトウェアベンダーであり、ベンチャー企業である当社だからこその楽しさを、日々実感しています。