【全】ヘッダーリンク
【全】お問い合わせ
サイト内検索 検索
【全】メガメニュー
H1

イベント・セミナー

【お知らせカテゴリー】イベント・セミナー
【お知らせ一覧・詳細】イベント・セミナー
受付中New

7月3日開催「専門家による最新動向の解説とユーザー事例で学ぶ アクセス管理の見直し講座」で講演いたします

あらゆる事業がシステムに依存している今、プラットフォームや稼働システムは技術進展によって変化を遂げ、システム環境は多様化を続けています。

そのような時代を背景に、企業を取り巻く内外のセキュリティ脅威はますます巧妙化し、セキュリティ対策の必要性が高まっています。

弊社は、来る7月3日(水)に開催される「専門家による最新動向の解説とユーザー事例で学ぶ アクセス管理の見直し講座」にて講演を行います。

セミナー概要

セミナー名 専門家による最新動向の解説とユーザー事例で学ぶ 多様化するシステムにおけるアクセス管理の見直し講座
主催 株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
協賛 エンカレッジ・テクノロジ株式会社
日時 2019年7月3日(水) 14:30~16:50(受付開始14:00)
場所 新宿ミライナタワー 12F マイナビルームB
参加費 無料
詳細 公式サイト

詳細・お申込みはこちら


プログラム

時 間 内容
14:00~14:30
受付
14:30~15:20
【基調講演】
インシデント事例に学ぶ、アクセス管理で見直すべきポイント

ITジャーナリスト
三上 洋氏

特権アカウントを含むアカウントの管理、およびそのアクセス管理は、企業のセキュリティ対策において重要な位置づけがなされており、この管理が疎かになることは、すなわち内部不正や、標的型攻撃の的になりやすいといった重大なインシデントを招く温床ともなりかねません。
このセッションでは、アクセス管理を怠ってしまったことで起きた実際のインシデント事例にもとづき、その事例からアカウント管理全般におけるリスクとなり得るポイントを洗いだすとともに、そのポイントとは何かをご紹介します。
15:20~16:00
セキュリティ対策の肝所、特権アカウント管理の具体策とその効果
エンカレッジ・テクノロジ株式会社 事業推進部
技術推進グループ長 八釼 友輔氏

近年、システムインフラの多様化に伴い、外部から攻撃されると真っ先に標的になる特権アカウントもまた多様化しています。従来通りのセオリーではセキュリティ担保と運用負担のトレードオフは免れません。脅威への対策としてセキュリティ全般の見直しが急がれる昨今、管理者ユーザーである特権アカウントの管理がサーバーセキュリティ対策の肝所として大きな注目を集めています。
これまでシステム運用にお悩みの様々なお客様の課題解決を支援してきたエンカレッジ・テクノロジ。本セッションでは、現代のシステム環境に求められる特権アカウント管理のポイントと、それを実現するソリューションを詳しくご紹介いたします。
16:00~16:10
休憩
16:10~16:40
ビッグローブの情報漏洩対策における特権ID管理強化の取り組み
ビッグローブ株式会社 経営管理本部
情報セキュリティ統制部
エグゼクティブエキスパート 遠藤 由妃夫氏

近年、多くの企業で内部不正やサイバー攻撃により相次いで発生している情報漏洩事件を受け、インターネットなどのネットワークを利用した情報サービスを提供するビッグローブでは、更なる安全性の確立のためにセキュリティリスクの分析を実施。顧客情報を扱うシステム他、全ての商用IT環境の特権アカウント管理を強化しました。
本セッションでは、従来の特権アカウントの管理方法にどのようなリスクがあったのかご紹介するとともに、ソリューション選定のポイントおよび導入効果などについて詳しく説明いたします。
16:40~16:50
質疑応答・アンケート記入

お申込み


詳細・お申込みはこちら