【全】ヘッダーリンク
【全】お問い合わせ
サイト内検索 検索
【全】メガメニュー
H1

イベント・セミナー

【お知らせカテゴリー】イベント・セミナー
【お知らせ一覧・詳細】イベント・セミナー
受付中

6月12日~14日開催「Interop Tokyo 2024」に出展いたします

弊社は、来る6月12日(水)~14日(金)に開催される株式会社ナノオプト・メディア主催の「Interop Tokyo 2024」に出展いたします。 システム運用における特権アカウントを内外のセキュリティ脅威から安全に管理するためのソリューションをご紹介いたしますので情報収集にぜひお立ち寄りくださいませ。

イベント概要

イベント名
Interop Tokyo 2024
主催 Interop Tokyo 実行委員会
運営 一般財団法人インターネット協会
株式会社 ナノオプト・メディア
会期 ■展示会/展示会場内セミナー
 2024年6月12日(水)~14日(金)10:00~18:00
 ※最終日のみ17:00終了
会場 幕張メッセ(国際展示場 展示ホール2~6)
〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1
入場料 事前登録により無料、事前登録はこちら(別タブで表示されます)

ご紹介ソリューション

市場シェア14年連続No.1(※)、特権操作ログ管理ツールのデファクトスタンダード「ESS REC 6」
次世代型特権ID管理ツール「ESS AdminONE」

ブースのご案内

小間番号:4Y14

見どころ

・本イベント限定のお役立ち資料をご用意
・お客様の課題やお悩みを、豊富な知見を持つ弊社営業メンバーに直接ぶつけられます
・特権ID管理「ESS AdminONE」、特権操作ログ管理「ESS REC 6」の最新版実機デモをご用意

   事前登録はこちら   


セッションのご案内

テーマを分け2セッション登壇いたします。是非お気軽にお申込くださいませ。

講演日時 6月13日(木)13:20~14:00 Room F
講演概要

あなたの会社は大丈夫?サイバー攻撃・内部不正対策に『特権アクセス管理』が重要なワケ
~2024年度に求められるベストプラクティス・解決策を解説~

エンカレッジ・テクノロジ株式会社
マーケティング部 宮坂 亜弥


昨今、サイバー攻撃や内部不正などのセキュリティ脅威による情報漏えいが後を絶ちません。2024年度のセキュリティ対策に何から着手していいか頭を悩ますシステム部門の方も多いのではないでしょうか?
本セミナーは、それらのセキュリティ脅威に対し、最後の砦といわれる『特権アクセス管理』がどう関係するのか、なぜ重要なのか、今求められるベストプラクティスを詳しく解説します。また、解決策として弊社の特権アクセス管理ソリューション『ESS AdminONE』の概要・特長やご採用事例を紹介いたします。
当日ご参加された方限定で、現状をご確認いただけるチェックリストもご用意!この機会に特権アクセス管理を見直しませんか?


   ご登録はこちら   


講演日時 6月14日(金)13:20~14:00 Room F
講演概要

見落としていませんか?増えるSaaSに必須の特権アクセス管理
~CASB、iDaaSだけでは足りない真のガバナンス強化に向けて~

エンカレッジ・テクノロジ株式会社
マーケティング部 佐崎 健太郎


SaaSのセキュリティインシデントはクラウド利用の普及に伴い、増加し続けており、残念ながら大量の企業情報の流出など経営に大きな影響を及ぼす事件も発生しています。
CASB、WAF、iDaaSといった技術による対処は一般的ですが、根本的にSaaSのリスクを低減するためには、特権IDの適切なアクセス管理・モニタリングを実施することが必要です。
本セミナーでは実際に発生したSaaS利用時のインシデントを紐解き、リスクと講じるべき対策のポイント、具体的なソリューションの概要についてご説明します。

   ご登録はこちら   

※出典:内部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2023年度版
    【サイバーセキュリティソリューション市場19版目】デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社及び
    同社における過去の調査結果 https://mic-r.co.jp/mr/03010/