オプション製品

ESS REC / Remote Access Auditorを強化するオプション製品

Windowsサーバーのリモート操作を記録する

ESS RECを導入した操作端末からWindowsサーバーにリモート接続する場合、ESS RECは作業画面を動画形式で記録します。 デスクトップの表示文字列や接続情報など、より詳細な記録が必要な場合には、Remote Sensor Option(RSO)の導入をお勧めします。

RSOの特長

リモート接続先の画面表示文字を取得

RDPでリモート接続した先のデスクトップで表示されている表示文字をテキスト情報として取得することで、検索やルール定義に利用することが可能となります。※1

サーバーへの影響を最小限に

ユーザーモードで実行される非常に小さなプログラムで情報を取得するため、サーバーへの影響を最小限に抑えます。

多重接続に対応

リモート接続先からさらに別サーバーに接続しても、すべて記録の対象になります。

ESS REC/Remote Access Auditor(RAA)の区別なく記録を取得

ESS RECが導入された操作端末からのアクセスも、RAAサーバーからのアクセスでも同じように機能します。

Remoto Sensor Option

稼働環境

OS Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows Server 2008, 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012, 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
※Server Core, Nano Serverはサポート対象外です。各OSの対応エディションについてはお問い合わせ下さい。
ESS REC / Remote Access Auditorのバージョン ESS REC V5.0以降
Remote Access Auditor V5.0以降
Remote Access Auditor for Multi Session V5.0以降
リモート接続プロトコル Windows リモートデスクトッププロトコル(RDP)に対応
リモートデスクトップクライアント6.0以降が必要
その他 英語版にも対応
x86、x64 ともに対応
.NET Framework 2.0 SP1以降が必要

※1 一部取得した文字情報に文字化け等が発生する場合がございます。Windows 10 / Windows Server 2016では、コマンドプロンプト内の文字列について設定変更等の制限事項がございます。

UNIX/Linuxサーバーへのコマンド操作を記録する

Windowsの操作端末からターミナルソフトを使用してUNIX/Linuxサーバーに接続する場合は、UNIX/Linux Terminal Option(UTO)の導入をお勧めします。

UTOの特長

Tera Termに対応

国内で最も普及しているターミナルソフトのひとつTera Termに対応するため、特別なソフトウェアは必要ありません。

入力コマンドと出力結果を網羅

入力されたコマンドと出力結果が成形されたデータとして取得できるため、より精度の高い点検監査が可能になります。

サーバーへの影響なし

UNIX/Linux サーバーには一切の設定変更や追加プログラムは必要ありません。そのため、既存サーバーへの影響を考慮することなく導入が可能です。

UNIX/Linux Terminal Option

稼働環境

ESS REC V5.0/Remote Access Auditor V5.0以降の対応。その他の稼働環境は、ESS REC/Remote Access Auditorに準じます。 Tera Term V4.69以降に対応。

コマンドプロンプト/PowerShellのコマンド操作を記録する

WindowsコマンドプロンプトやPowerShellを使用する場合、Windows Commands Option(WCO)を導入することで、入力コマンドと出力結果をもれなく記録することができます。

WCOの特長

2つのコンソールに対応

Windows コマンドプロンプト、PowerShellの2つのコンソールに対応、どちらのコンソールを使っても、もれなくコマンド操作を記録します。

入力コマンドと出力結果を網羅

入力されたコマンドと出力結果が成形されたデータとして取得できるため、より精度の高い点検監査が可能になります。

Windows Commands Option

稼働環境

ESS REC V5.2/Remote Access Auditor V5.2以降に対応。その他の稼働環境は、ESS REC/Remote Access Auditorに準じます。

全オプション共通のご注意事項

  • ハードウェア要件に関しては、ご利用環境によって異なります。詳しくは弊社までお問い合わせください。
  • Windows10のサポート対象ブランチ・バージョン及びWindows Server 2016のサポート対象バージョンについては弊社までお問い合わせください。
  • 従業員のプライバシーを尊重するために、本ソフトウェアの導入時には事前告知することをお勧めいたします。
  • 本ソフトウェアは、ユーザーの機密情報の不正アクセスを完全に防止するものではありません。
  • 本ソフトウェアは改良のため事前に告知することなくバージョンアップすることがあります。
  • 本ソフトウェアに使用されている技術の一部は特許取得済です。
  • ESS REC,Remote Access Auditor, Remote Sensor Option,UNIX/Linux Terminal Option,Windows Commands Optionは、エンカレッジ・テクノロジ株式会社の登録商標または商標です。
  • Microsoft,WindowsおよびWindows Serverは、米国Microsoft Corporation、およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 記載されているその他の会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。
お問い合わせ メールマガジン購読
24時間受付中

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-3-2トルナーレ日本橋浜町7F

TEL:03-5623-2622 平日9時~17時