【全】ヘッダーリンク
【全】お問い合わせ
サイト内検索 検索
【全】メガメニュー
h1

ESS REC NEAO(REC NEAO)

企業の働き方改革をサポートするモニタリングツール

新バージョンの紹介

ESS REC NEAO:企業の働き方改革をサポートするモニタリングツール

テレワークやモバイルワークなどの環境を整備することで従業員の多様な働き方を推進したり、 Robotic Process Automation(RPA)などを活用して効率化を図ることは、企業の働き方改革を実現する有効な手段です。ESS REC NEAOは、これらの環境に適用することで、働き方改革の推進をサポートする監視・モニタリングツールです。

企業の働き方改革支援ツールESS REC NEAO

実績あるシステム証跡監査ツール「ESS REC」をベースに「働き方改革支援」に特化

システム証跡監査ツール10年連続市場シェアNo.1ESS REC NEAOは、弊社が開発・販売するシステム証跡監査ツール「ESS REC」をベースに、働き方改革の推進を支援する目的として最適化した新しいエディションです。 ベースとなるESS RECは、累計で約500社のお客様にご採用いただくなど実績が豊富です。ESS REC NEAOも共通の技術をベースにしているため、安心してご利用いただけます。 



テレワークやRPAなどの環境に特化した可視化・モニタリング

テレワークの可視化・モニタリング

場所や時間を選ばずに仕事ができるテレワークや、単純業務を自動処理することで人による事務作業の効率化を実現するRPAは、いずれも働き方改革を推進する手段として注目されています。しかし、これらの手段をリスクなく実行するためには、それぞれの手段が正しく実行されているか、可視化できるようモニタリングを行う必要があります。
ESS REC NEAOは、特にこのテレワーク環境やRPA実行環境に適用いただくことで、それぞれの環境の可視化・モニタリングを実現し、企業の働き方改革をサポートします。

詳細は「テレワークモニタリング」「RPA実行環境の監視」タブをご参照ください

クラウド、サブスクリプションなど変化する環境、ビジネスモデルにも対応

クラウド・サブスクリプションにも対応ESS REC NEAOは、企業のオンプレミスだけでなく、DaaSなどのクラウド環境にも対応します。また新たにサブスクリプション型の料金体系もご用意し、変わりゆくシステム環境や多様なビジネスモデルにも対応しています。







ESS REC NEAO コンピューター操作を克明に記録・可視化

ESS REC NEAOは、コンピューター上の操作を克明に記録しその内容を可視化・モニタリングすることで、業務内容・生産性の把握、作業ミスや異常の察知、セキュリティリスクの低減などを行うことができるツールです。

デスクトップの動画記録+テキストによる克明な記録

ESS REC NEAOはユーザーやRPAロボットが行うコンピューター操作内容についてデスクトップの動画とテキストで克明に記録します。

デスクトップの動画記録+テキストによる克明な記録

 
記録データを専用ツールで再生することで、操作内容の視覚的な確認が可能です。

記録データを専用ツールの操作画面


リアルタイム監視・異常検知・アラート

ESS REC NEAOは、記録をしながらその操作内容をリアルタイムに監視しており、ルール定義に基づいた異常を察知した場合にはリアルタイムにアラートなどのアクションを実行させることが可能です。

監視項目
アクション内容

リアルタイムの確認も可能専用ツールを使えば、現在行われている操作をリアルタイムに確認することも可能です。




モニタリングレポート

定期的な状況把握を行うためのモニタリングレポートを生成できます。レポート上では特定業務の実行箇所などを定義によって把握することが可能になります。

モニタリングレポート



活用シーン1 テレワーク環境の可視化・モニタリング

仕事の様子が把握しづらいテレワーク環境

仕事の様子が把握しづらいテレワーク環境オフィスで働く環境とは異なり、テレワークでは社員が働いている状況の把握が困難であることが課題です。 離れて働くメンバーであっても、オフィスで机を並べて働く社員と同じように終業時間の実態把握、業務内容の把握、あるいは業務外コンピューターの利用抑止などが可能になるような仕組みが必要です。


ESS REC NEAOのテレワーク環境のモニタリング

テレワーク社員がアクセスする仮想デスクトップ(VDI)環境やDaaS環境、あるいは自席のPCにESS REC NEAOを導入していただくことで、離れて働く社員のコンピューター操作を可視化・モニタリングすることで、働き方の実態の把握ができます。

ESS REC NEAOのテレワーク環境のモニタリング


働き方モニタリング専用レポート

同梱されるESS REC NEAOの働き方モニタリングレポートをご利用いただくと、ESS REC NEAOで記録したコンピューター操作を以下の観点で集計分析し、より俯瞰的な働き方の実態把握を行うことができるようになります。

働き方モニタリング専用レポート

働き方モニタリングレポートと、ESS REC NEAOの記録データはシームレスに連携しており、コンピューター操作の気になる箇所については、該当箇所をクリックするだけで、実際の操作内容の動画記録を呼び出し確認することが可能です。


活用シーン2 RPA実行環境の監視

急速に普及するRPAの光と影

RPAの光と影人によって繰り返し行われる比較的単純なコンピューターを使った操作を、自動化することで業務効率化に繋がるRobotic Process Automation(RPA)は、従来のシステムのようにプログラム知識が不要で、比較的誰でもシナリオを作成可能ということで注目され、急速に導入が広がっています。 効果が発揮できた企業が多くいる一方で、想定以上に効果が出ない、あるいは、今後適用箇所を広げる際に管理の煩雑さなどが懸念される声が増加しています。

ロボット実行作業の異常停止の原因究明と対処

操作対象のシステムの変更や想定外の画面遷移などにより、ロボットの実行作業が正常に実行されず異常停止、その原因を究明し対処することが困難である。

不適切なシナリオの改ざん・変更

担当者による不適切なシナリオの変更や改ざんが行われ、業務に支障をきたしてしまう。

RPA実行環境のマルウェア感染等による乗っ取り

RPA実行環境がマルウェア感染等により攻撃者に乗っ取られ、悪意のあるシナリオを実行されてしまう。

ESS REC NEAOによるRPA実行環境の監視・モニタリング

ESS REC NEAOをRPA実行環境に導入し、ロボットの実行する作業を監視・モニタリングすることで、上記課題を解決できます。

ESS REC NEAOによるRPA実行環境の監視・モニタリング

ESS REC NEAOで可能になること 

 

RPAツールと直接の連携が可能なプラグインを提供

RPAツールと直接の連携が可能なプラグインESS REC NEAOでは更に、主要なRPAツールと直接連携が可能なプラグインがご利用いただけます。このプラグインを利用すると、事前に実行するシナリオ内にESS REC NEAOにメッセージを送信するタスクを埋め込むことが可能になります。
ESS REC NEAOでは、RPAから送信されたメッセージに対して、検知ルールを設定して管理者にメールを送信したり、レポートを出力してRPA実行状況の可視化の実現に貢献します。




ESS REC NEAOシステム構成

ESS REC NEAO は4つのコンポーネントから構成されており、「記録」「蓄積」「報告」「監査」の各機能をご提供します。

REC NEAO Agent(記録)

記録クライアントPCや仮想デスクトップ環境、DaaSなどにインストールし、操作内容に対するモニタリング・記録およびルールに基づく検知・アクションを実行します。 インストールする環境に応じて複数のエディションがございます。



REC NEAO Server(蓄積)

蓄積REC NEAO Agentが取得した記録データを蓄積します。データは公開鍵で暗号化され、管理者が持つ「秘密鍵」でのみ復号化されるため、安全な保管が可能です。



REC NEAO Auditor(集計・分析・レポート)

集計・分析・レポートREC NEAO Serverに蓄積された記録データから、あらかじめ設定した定義に基づき、レポートを自動生成します。テレワークモニタリング用に用意された働き方モニタリングレポートも本モジュールを使用して作成します。



REC NEAO Administrator(点検・監査)

点検・監査管理者用ツール一式を提供するモジュールです。具体的には(1)記録データの暗号化・復号化を行う鍵の作成、(2)記録データの再生、(3)ルールに基づく検知およびアクションの設定を行うツールで構成されます。



上位版ESS RECコンポーネントとの併用

ESS RECは、ESS REC NEAOの上位版であり互換性があります。そのため、ESS RECの管理・サーバーコンポーネント群(Server / Auditor / Administrator)とESS REC NEAO Agentを組み合わせて構成いただくことも可能です。

ESS REC NEAO稼働環境

REC NEAO Agent稼働要件

ESS RECは、ESS REC NEAOの上位版であり互換性があります。そのため、ESS RECの管理・サーバーコンポーネント群(Server / Auditor / Administrator)とESS REC NEAO Agentを組み合わせて構成いただくことも可能です。

Client Edition Microsoft Windows 8.1, 10
Server Edition for Windows Microsoft Windows Server 2012, 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2019
VDI Edition 適用する仮想デスクトップ環境やDaaS環境に準拠します。仮想デスクトップ・DaaS環境におけるESS REC NEAOの動作に関しては、弊社ホームページ「サーバー仮想化環境・クラウドサービスへの対応」をご参照ください。

REC NEAO Administrator稼働要件

OS Microsoft Windows 8.1, 10
Microsoft Windows Server 2012, 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2019

REC NEAO Server/Auditor稼働要件

OS Microsoft Windows Server 2012, 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2019
  • .NET Frameworkが必要になります。必要となるバージョンの詳細については弊社までお問い合わせください。
  • Windows10のサポート対象ブランチ・バージョンを含む各OSの最新のサポート状況については弊社までお問い合わせください。
  • ハードウェア要件に関してはご利用環境によって異なります。詳しくは弊社までお問い合わせください。
  • 従業員のみなさまのプライバシーを尊重するため、本ソフトウェアの導入時には事前告知されることをお勧めいたします。
  • 本ソフトウェアは改良のため事前に告知することなくバージョンアップすることがあります。
  • 本ソフトウェアに使用されている一部の技術は特許取得済みです。
  • ESS REC, ESS REC NEAO は、エンカレッジ・テクノロジ株式会社の商標または登録商標です。
  • Microsoft, Windows, Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。。
  • 本ソフトウェアに使用されている一部の技術は特許取得済みです。
  • 記載されているその他の会社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

 

最新バージョン V5.6新機能のご紹介

2020年11月6日 ESS REC NEAOの最新バージョン V5.6がリリースされ、以下のような機能拡張が行われました。

組織単位での記録データの管理・レポート作成が可能に

複数部署や全社でのご利用など、大規模なご利用の際に、記録データを部門など組織ごとに異なるフォルダに保存することができるようになりました。これにより働き方モニタリングレポートの部門単位での出力や、部門ごとに記録データを閲覧可能なユーザーを絞り込むことが可能になりました。
設定方法は、以下からご選択可能です。

(1)コンピューターに組織を示す識別子を設定する

あらかじめコンピューターに対して部門など組織を示す識別子を設定しておく方法です。ユーザーが使用するコンピューターが決まっている場合に最適な設定です。

(2)ユーザーと組織の対応表をREC NEAOサーバーに設置

ユーザーと所属部門などの組織との対応表をREC NEAOサーバーに配置しておくことで、操作するコンピューターに関係なく、操作したユーザーによって保存する記録データが振り分けられる設定です。VDI/DaaSなど、操作するコンピューターリソースがユーザーに対して動的に振られるようなシステムの場合に最適な設定です。

組織単位での記録データの管理・レポート作成が可能

また、部門ごとに記録データを閲覧する管理者を設けるような運用に対応するため、ESS REC NEAO Administratorに含まれる構成コンポーネントのうち、記録データを再生するREC NEAO Playerのみの販売を開始いたしました。


働き方モニタリングレポートのCSV出力が可能に

ESS REC NEAOの記録データを解析し、ユーザーのテレワーク環境における業務遂行状況を示すレポート「働き方モニタリングレポート」を出力する際、その元データをCSV形式で出力できるようになりました。このCSVデータをSIEM(統合ログ管理製品)に取り込み他のログを含めて横断的に分析したり、勤怠システムの出勤・退勤時間との突き合わせを行うことが容易にできるようになりました。

働き方モニタリングレポートのCSV出力が可能


時間・曜日による検知センサーを追加、深夜残業などの実施に対して検知・アラートが可能に

時間・曜日による検知センサーを追加

コンピューターの操作が行われる時間帯や曜日に対して検知およびアクションを定義可能になりました。
これにより、深夜残業や休日業務などに対してアラートを上げたり、強制的にコンピューターを停止させ、残業を抑制できるようになりました。





(メール送信以外のアクションの設定には上位版のESS RECの管理コンポーネントが必要です)



  
製品トライアル

製品カタログはこちら

ESS REC NEAOの機能の詳細、ご活用方法を記載した資料は以下よりダウンロードいただけます。ぜひご覧ください。

バナー

製品トライアルお申込み受付中

ESS REC NEAOは、導入をご検討中のお客様向けに14日間の製品トライアルを受け付けております。
無償でお試しいただけますので、是非お申込みください。

トライアルNEAOバナー

 

【参】お問い合わせエリア

エンカレッジ・テクノロジ株式会社
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-3-2トルナーレ日本橋浜町7F
TEL 03-5623-2622 (平日 9:00~17:30)

メールマガジン購読お問い合わせ